被災地への支援
東北地方太平洋沖地震の被災地へファッション関連の企業も、日本赤十字社などを通じて支援を行っています。

ここにあるのはアパレルの中でも大きな企業ばかりですが、本当に小さな事でも価値があります。


100円を100万人が募金すれば1億円です。

募金する時に、その100円には1億円の価値があると思って募金して下さい。






【ユニクロ】アパレル
ファーストリテイリンググループから3億円、全世界のグループ従業員から1億円、代表取締役会長兼社長の柳井正氏が個人として10億円
総額として14億円の義援金を寄付

これに加え、防寒衣料のヒートテック30万点をはじめ衣類等7億円相当を寄贈


【COACH(コーチ)】バッグ(アメリカ)
義援金4億円を寄付


【シチズン】時計
1億円の義援金を寄付


【ゾゾタウン】通販
チャリティーTシャツの購入金額2,000円(税別)全てが日本赤十字社を通じて被災地へと寄付
17日10時30分時点 約1億円 51,235枚


【ベイクルーズ】アパレル
2000万円の義援金を寄付


【ユナイテッドアローズ】アパレル
義援金5000万円と防寒機能のある自社製品などを支援


【ビームス】アパレル
1,000万円の義援金を寄付


【クロスカンパニー】アパレル
店舗約300店に「東北地方太平洋沖地震・義援金箱」を設置
約7000着の衣料を寄贈


【資生堂】化粧
1億円の義援金を寄付
これに加え、「水のいらないシャンプー」「薬用ハンドソープ」速乾性手指消毒剤「スピーデス」など支援物資40,000点をを寄贈


【オンデーズ】メガネ
店舗で販売するメガネ1本につき100円を義援金として寄付
メガネ2,000本を救援物資として寄贈


【ニッセン】通販会社
1,000万円の義援金を寄付
これに加え、衣料品を中心に17,300点を寄贈


【アシックス】スポーツメーカー
2,000万円の義援金を寄付
これに加え、スポーツウェアやシューズなど物資の追加支援も行う


【ニューバランス】シューズ
シューズ1万足を寄贈
これに加え、社員から募集した義援金とその同額の義援金をニューバランス・ジャパンからも寄付


【IKEA】家具
宮城県・気仙沼へ掛け布団やタオル、懐中電灯などを緊急支援


【グンゼ】下着
肌着14万枚、タイツやソックス10万足など2億円相当の衣料品等を支援


【ワールド】アパレル
保温性の高い下着5万枚(婦人、紳士、子供用)を無償で支援
また、被災地の電力確保に協力するとして事務所ビルにおける屋外広告灯の消灯や不急の電力使用を控える対応を図っている。


【オンワード】アパレル
1億円の義援金を寄付
10万点の支援物資を寄贈



【H&M】アパレル

約100,000枚、約2億5千万円相当の衣服を日本赤十字社に寄付


【ウォルマート】スーパーマーケット
物資支援を含む500万ドル(約4億円)相当の寄付


【ZARA】アパレル
100万ユーロ(約1億1,400万円)を寄付


【無印良品】
ネットストア上で10円単位からの募金を受付


【STARBUCKS COFFEE(スターバックス コーヒー)】
1億円を寄附



<ジョイセフ>
妊産婦への支援
http://www.joicfp.or.jp/jp/donation/tohoku_earth_quake/
[PR]
by kids-fashion | 2011-03-17 07:04 | その他/お知らせ
<< kodomo(コドモ) 東北地方太平洋沖地震 >>